<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

THE STYLE DEPARTMENT

THE STYLE DEPARTMENT
弊社で運営するOnline Shopです。
現在試運転段階。徐々に商品増やして行きます。
by MITOO_OKAMOTO1 | 2008-05-27 22:58 | WORKS

イプセ中延 谷内田彰夫/ワークショップ


モリモト賃貸集合住宅
「イプセ中延」の内覧会に行って来ました。
設計はワークショップ谷内田彰夫氏。
c0081530_14362373.jpg

打ち放しと鋼板の外壁。背景が曇天で残念。
オーバーハングしたフォルムが特徴的。
階高3.9m 天井高3.5m なので12階建ですが47mのボリューム。
全住戸ロフト付です。
c0081530_14374518.jpg

日本の集合住宅は2次元だけ考えて
3次元的つまり縦方向の広がりをあまり考えない。
(考えないとは言い過ぎ…)
きびしい法的な形態規制があり コストの問題があり 
かつメゾネットは住む側からも空間効率が悪い、
大空間の吹抜けは空調効率が悪いと嫌われる。
いずれにしてもプアな話ばかりです。
c0081530_14462565.jpg

天井が高い かつ大開口の空間があることで、
日々の生活は明らかに豊かになるはずです。
と、私は思います。
間仕切りや扉に使われた有孔パネルもその表情がおもしろい。
c0081530_14532627.jpg

c0081530_14534177.jpg

高所恐怖症の人もいるだろうし プライバシーうんぬんと言う人もいるだろうが
でも開口は大きく 明るく と思います。私は…
ブラインド実装が良いですね。
この開口に住む人が好き勝手なカーテンを付けたら
外からの見え方が醜くくなってしまいます。
c0081530_14563931.jpg

塗装も無い屋外階段。でいーじゃないですか。
c0081530_14573084.jpg

この部屋は玄関を入って居室部分までが長めの通路状になっています。
c0081530_14583812.jpg

c0081530_14585375.jpg

広めのロフトがあり ロフトから通路と玄関方向が見下ろせる。
住戸内での通路状の部分は無駄な空間とされがちですが
ある程度ワイドがあれば 特にこの場合天井も高いので
例えば天井まで棚をつくって本でも並べればライブラリー空間にもなります。
タイプによっては配管むきだしだったりしますが 
ロフトも開口に面しているとそれなりに快適で落ち着く空間。
足の短いテーブルをおけばパーティーだってできそうです。

最後に外観をいくつか
c0081530_1533758.jpg

c0081530_15487.jpg

c0081530_1542123.jpg

c0081530_154376.jpg

現場には谷内田氏ご本人と 
ちょうど木下道郎氏が見学にいらっしゃってました。
by MITOO_OKAMOTO1 | 2008-05-25 15:08 | ARCHITECTURE

那須 二期倶楽部

4月のことですが
那須の「二期倶楽部」を見学に行きました。
宿泊ではなく見学なところが残念ですが
ご紹介いただいたエイジの佐藤氏ありがとうございます。
c0081530_10211419.jpg

c0081530_10232446.jpg

c0081530_1039096.jpg

c0081530_10391772.jpg

テレンス・コンラン卿による東館の外観です
自然との調和が最大のコンセプト
施設の規模感、コテージのように小さな建物が点在する、材料、色合い等
全てが自然の中に溶け込むように考えられた結果ですね
屋根にはごろごろとした石が敷き詰められている
これも高い位置から見た時に自然の色合いと融合するための工夫なんでしょう
c0081530_10393626.jpg

泊まるならやはり吹抜けのあるメゾネットタイプが良いですね
以前から写真で見て描いていたイメージよりは
そんなに開放感を感じなかったのですが
とは言えなかなか魅力的な空間です
有名芸能人の方々も頻繁にご宿泊らしいです
c0081530_10394770.jpg
c0081530_1040371.jpg
c0081530_1040166.jpg
c0081530_10403066.jpg
c0081530_10404255.jpg

本館です
渡辺明氏の設計
大谷石の外壁 瓦屋根 荘厳な表情の建物に水盤が加わり
緊張感すらある格式を感じます。
c0081530_10405824.jpg

レストランのスペース
水盤が自然光を反射して 室内でもゆらめく光を感じられることでしょう。
c0081530_115508.jpg

c0081530_1161544.jpg

c0081530_1162960.jpg

c0081530_1164566.jpg

本館別館の外観と室内
新しくつくられた東館に比べると
やはり年配の方がこちらを選ばれるそうです。
個人的には寒い時期には本館で暖炉を囲んで…
避暑の時期には東館のテラスで…
と言う感じでしょうか
c0081530_117558.jpg

c0081530_1172911.jpg

c0081530_1174751.jpg

c0081530_118649.jpg

こちらは結婚式のスペース
豊かな自然に見守られてのウェディングです
c0081530_118263.jpg
c0081530_1184354.jpg

BAR 味ありまくりの無垢のカウンター
ここで飲めば よい感じで酔えそうです
c0081530_1185657.jpg

c0081530_1191637.jpg

c0081530_1193495.jpg

内藤廣氏による能の舞台です
金属の部分に周りの木々や空が映りこみ美しい
まだ数えるほどしか使われていないそうですが…

今度はぜひ見学ではなく泊まりに来たい
何もせずにゆっくりとした時間の流れを感じながら
1日を過ごしたい場所です。
by MITOO_OKAMOTO1 | 2008-05-25 10:21 | ARCHITECTURE