<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

見に行きたい建築②~聖コロンバ教会 ケルン大司教区美術館

こちらの方のブログの更新がおろそかになっていて…
それも本来目的の建築ネタはひさびさか

2007年 
ドイツのケルンに
ピーター・ズントーの設計により誕生した
聖コロンバ教会 ケルン大司教区美術館
c0081530_1421147.jpg

長い歴史を持つ聖コロンバ教会
第二次世界大戦により破損し手付かずになっていた廃墟と
1957年に再建されたチャペルを
ズントー設計の新築の建物で包み込んだようなカタチ
c0081530_1425533.jpg

歴史的価値を持った古い建物の一部を残しながら
新しい建築をつくることは
日本でも様々な方法でこころみられていますが
ズントーの建築は
古い部分を模して 新しいモノをつくるような
歴史に対する中途半端な迎合もしていないし
かといって完全に異質なものを組み合わせるような
歴史に対する挑発もしていない
あくまでシンプルかつストイックな素材の選択は
モダンにも映るし 素朴にも見える
煉瓦のランダムな組み合わせにより生まれた穴は
有機的な印象をつくりだしていて
永い時間を経た建築をベースに 有機的な要素が加わり
建築とは生きているものなんだ と言うメッセージを発信しているかのよう…
古い部分と新しい部分の境界が分かるようで分からないようで
絶妙に融合している
c0081530_14352263.jpg

廃墟の中をジグザグに架けられた橋
壁面の無数の穴から差し込む光
きっと とても精神的な空間なんだろうと想像できる
ぜひホンモノを体験したいと思う
c0081530_14382212.jpg


※写真はCASA BRUTUSなどから勝手に引用
by MITOO_OKAMOTO1 | 2008-01-20 14:39 | ARCHITECTURE

REAL DESIGN

プロダクトや空間に関して言えば
リアルなデザインが好きである
“リアルなデザイン”と言っても
これは自分が勝手に名付けたことなので
どういうことなのか分からんでしょうし
納得していただけないかもしれませんが…
実はどう定義付けて説明すればよいかもよく分からない

“アノニマス”のようでもあり
“ミニマル”のようでもあり

媚びないデザイン
虚飾が無い
機能美
もちろんデザインされているのだが
“デザインをした”と言うこと自体が前面にアピールされてない
だからこそ 飽きられず
時を経ても大きく変化することもなく 
そのデザインを保ち続ける

と言うことでしょうか

自宅の家電を選ぶ時も“リアルなデザイン”にひかれる
c0081530_12173156.jpg

例えばGEの冷蔵庫
c0081530_12174528.jpg

例えばデロンギのオイルヒーター
機能的にはひどいもんですが
c0081530_12193173.jpg

例えばドイツDBK社のアイロン
これは既に2代目

いずれもデザインをするのに
余計なことは一切考えていない感じです

空間で言えば
例えばアメリカやヨーロッパの映画に出てくるような
主人公がアパートメントに引っ越してきて
自分で真っ白にペンキ塗り直して住んでいるような
天井は配管むき出しで
コンクリートの壁 無造作に塗装しただけの
そんな感じが“リアル”なんじゃないかと
“リアル”と最も相反するデザインは“○○風”
“ヨーロッパ風”とか“アジア風”とか…
“風”ってことは つまり そう見せかけているだけであり 
しょせん つくりもの
“リアル”とは相反する訳です

最近空間でカッコ良かったのは
「メゾン・マルタン・マルジェラ」の恵比寿店
まず建物自体が 築30年以上は経っているだろうか
ホントにどこにでもありそうな 何の変哲も無い老朽化したビル
外から見ても入り口付近の小さな看板に気付かない限り
中がアパレルのショップになっているとは決して分からない
c0081530_12504185.jpg

ネットからひろってきた上の写真はたぶん海外のショップの写真だと思いますが
恵比寿店の内装もこんな感じ
特にお金をかけていじるでもなく
基本 素のままの空間に
什器も日曜大工レベルの無造作な木の箱
それらを無造作に白く塗装しているだけで
だからこそディスプレイされている商品が映える
第一印象は何となく「学園祭」を連想してしまいました
その無造作な雑さ加減が 
学校の教室でダンボール集めて来て何かやってるその感じに似ていると感じた

この空間に前記のプロダクトが置かれると思ってください
それがワタシにとっての“リアルなデザイン”です
by MITOO_OKAMOTO1 | 2008-01-05 12:19 | PRODUCT

栗原一郎

素敵な絵です
栗原一郎さんと言う作家です
c0081530_22204722.jpg

c0081530_2221728.jpg

c0081530_22212195.jpg

c0081530_22213867.jpg

by MITOO_OKAMOTO1 | 2008-01-04 22:22 | ART