<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カミニート

青山学院の裏手
六本木通りを渡ったあたりにある
「カミニート」と言う名の建物
c0081530_1473511.jpg

ネット上でも建築的な情報は得られなかったので
設計や年代等は不明ですが
昭和40年代~50年代くらいの建物でしょうか…?
設計思想的には以前ここでも取り上げた「ヴィラシリーズ」に通じるものを感じたので
同年代のものではないかと勝手に想像しました
3Dのパズルの様な建物の形態
ぱっと見は複雑な形態のようで 実はシンプルな要素を組み合わせていった
ミニマルなデザインではないかと…
c0081530_14125955.jpg
c0081530_14132416.jpg

c0081530_14134281.jpg

同じ面を少しづつ見る角度を変えていっただけなのに
微妙に表情が違って見えます

今 世の中でつくられているほとんどの建物は
まず最初に法律の枠の中での効率的なカタチが決まり
後からそのカタチに装飾もしくは虚飾を貼り付けていく
そんな手法でつくられていると思います

この建物はその形態自体がデザインのアイデンティティの多くを決定付け
例えば素材や色といったものはストイックなまでにシンプル
だからこそ形態の美しさが純粋に引き立つ

光と影だけで見てみると
この建物の美しさがより分かりやすくなるのでは
c0081530_14263760.jpg

by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-07-22 14:27 | ARCHITECTURE

2台目のデジカメは

現在はNikonのD50を使っていますが
c0081530_11234784.jpg

この大きさでは気軽に持ち歩いていつでもどこでもと言う訳にはいかない
と言うことで
コンパクトで高性能のデジカメが欲しいなと気にしてみると
どうやらこれが良さそう
c0081530_1127225.jpg

RICOH の GR DIGITAL
レンズの良さ
マニュアル撮影ができること
そして この媚びない感じのデザインが良いですね
多くのクリエイターの人達に支持されているようです

オンラインギャラリーなんかもあります
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-07-15 11:29 | PRODUCT

頭のうちどころが悪かった熊の話

テレビ番組で紹介されているのを見て
話の内容にも興味を持ったが
それよりもこの表紙のイラストのタッチが好きで購入
絵を描いているのは下和田サチヨさん
c0081530_11144293.jpg


これは「童話」
内容はシニカル、ブラックかつ
人間の社会を風刺するような
でもちゃんと優しさも感じさせてくれる

考えてみれば
日本の昔話にせよ
グリム童話にせよ
騙したり 殺したり 退治したりは日常茶飯事

名作「チビクロサンボ」だって
バターになった虎をホットケーキにして食べてしまうし

日本では子供向けの話になっている「ガリバー旅行記」も
原書では かなりセクシャルな表現が盛り込まれているそうです

そう考えると
「頭のうちどころが悪かった熊の話」
は現代の童話としてはソフトな方か

大人はこれを読んで苦笑(かな?)し
子供は何を感じるのだろう?
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-07-15 11:03 | BOOK

電動自転車 BEAMS×PANASONIC

少しづつ改善されてはいるものの
日本の家電やその他身の回りのプロダクトには
デザイン性が無さ過ぎである
各メーカーのデザイナー達が 一生懸命デザインしているのだろうが
本当に美しいデザインとは違う方向に行ってしまっているような気がしてならない
よってモノを買うとき デザインを優先すると 機能をあきらめざるを得ないことが多々ある

このところ自転車がブームで
ピストバイクなる 基本はパーツを買い集めて自分で組み立てる
究極のオリジナルティな自転車を街で良く見かけるようになった
シンプルでカッコ良いなと思う

ところで電動自転車と言うモノは
そもそも苦労してペダルをこぎたくない主婦のために開発されたモノであろうため
カッコ良い電動自転車と言うモノを見たこと無かったが
これはいかがでしょう?
c0081530_1251346.jpg

BEAMSとPANASONICのコラボ商品ですが
なかなか良いデザインだと思います
限定商品とのことですが
ぜひ定番化してもらいたいですね

そして全てのプロダクトがもっと美しくなってくれることを願います
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-07-08 12:56 | PRODUCT

時計のデザイン

男性は腕時計だけ高価なものを身につけている人が多いですね
スーツは青山 かかとの磨り減った靴を履いているのに
なぜか時計だけはROLEXかOMEGAと言う人が非常に多い
メカ好きな男性のDNAからすると
やはり身に着けるものの中では時計が一番のお金のかけどころなのでしょうか
靴や服に比べれば消耗品ではなく 一生モノになり得るアイテムでもありますしね

ワタクシはと言えば かつては高級時計のデザインにあまり魅力を感じられず
安くて個性的なデザインの時計を飽きたら買い換える主義だったのですが
最近は歳をとったせいか 大人になったと言って良いのか
そろそろ一生モノとなる時計を手に入れたいなと思うようになってきました

ROLEX OMEGAは デザイン 性能共にすばらしいことは間違いないんでしょうが
あまりにも皆がし過ぎなので 出来れば違うもので

ちょっと前まではパネライを目標にしていたのですが
どうも最近 にわかお金持ちの にわかエロ系お洒落さん(LEONとか読んじゃっている人)が
みんなしている気がしてきて 
欲しいのはやはり100万近くしてしまうし
さすがに100万への道のりは長いし
定期券を持ち歩くだけでも落としたらどうしようと緊張してしまう小心者が
左手に100万円くっつけて歩けるのだろうか…
c0081530_1123398.jpg

と、やや心は離れていたのですが
改めて見るとやはりカッコ良い
無骨な表情のフェイスとブレスレット部のデザインが良い
しかしながら大き目のケースは華奢な手首には不釣合いなんだろうな

パネライの後に
良いなと思っていたのは
ヴァシュロン・コンスタンタン
c0081530_11282781.jpg

パネライよりは繊細なデザイン
マルタ十字のロゴがなんとなくクロムハーツとかを連想させて
ホストっぽいイメージも感じてしまうのですが
非常に美しいデザイン
やはりブレスのデザインが秀逸です
しかしながら値段はパネライの上を行き200万に近い
よってこれは50歳までの目標としたい
その頃までこのデザインが変わらないことと
自分がこの時計に似合う男になっていることを願いながら頑張ります

ここまでは純粋な時計メーカーの正統派ですが
最近時計への欲望が沸いてきたのは
実は以下のモノを見てから
自分でも意外なことにHERMESとGUCCIです
両者とも「いやらしー」と言われそうですが
なかなか硬派なデザインを出しています
c0081530_1137114.jpg

これは建築家の西沢立衛は愛用しているものということで
雑誌に紹介されていました
妹島さんからプレゼントされたものだそうです
この時計がカッコ良く見えるのは
使い込まれた感じの傷の付き加減にも影響されているかもしれませんが
なかなか正統の表情をしていると思います

そしてGUCCIのこれ
c0081530_11435476.jpg

フェイスもブレスも繊細なデザインながら
全体的には力強い存在感があります
これもやはりモダンの中の正統と言う感じです

と、いろいろあるものの
現在 デザインと経済面を考慮して
最も現実味がありそうなのが今月発売されたばかりのGUCCIのこれ
c0081530_11572358.jpg

雑誌にかなり露出中
今までのGUCCIらしからぬ シンプルで品が良く エッジの効いた男っぽいデザインです
昨日 玉川の高島屋で実物を見てきましたが なかなか良かったです
30万円程度なので一生モノってほどの値段ではないですが
まぁ決心は必要です
とりあえずは頑張ってこれくらいから手に入れてみようか
どうしようか…
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-07-08 11:54 | PRODUCT