<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

便器

松下電工の新製品「アラウーノ」
c0081530_224149.jpg

最も大きな特徴は 汚れをはじく新素材(有機ガラス系)を使っていることのようですが
何よりも注目すべきはこのデザイン
デザイナーは無印良品や±0でおなじみのプロダクトデザイナー深澤直人
たまたま年末にトイレの掃除をしていて思ったのだが
今住んでいる賃貸マンションは築30数年であるため
便器もかなり旧式の形で
とにかく掃除がしにくい
汚れを拭こうにも隙間が細すぎて指すら入らなかったり
裏の方は完全に死角で見えないので
手を伸ばして拭いても汚れがとれたかどうか分からない
便器はとにかくシンプルな形で凹凸が無い方が良いと思っていたら
雑誌でこの商品を見つけた
INAXのサティスより
c0081530_2215090.jpg

さらにフォルムがシンプルになっていて美しいです
住まいの中で最も緊張感を持ってのぞまなければ
最も汚れてしまう場所だけに
これくらいの設えは必須ではないでしょうか

ちなみに「アラウーノ」と言うネーミングだけは頂けないですが…
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-01-12 02:24 | PRODUCT

BANG&OLUFSEN/EarSet2~Real Design(えい出版社)より

BANG&OLUFSENは好きですか?
最近はあまりにもメジャーになりすぎてしまった感もありますが
やはりそのデザインは秀逸だと思います
シンプルさが美しい かつ近未来を感じさせるような独自性を持ったフォルム
ものによっては優しい曲線を描き かわいい 若しくはユーモラスな表情を見せるプロダクトも
それを置いた空間がきりっと引き締まるクールな色使い
デザインだけでなく優れた機能性

オーディオ用のイヤホンは愛用しているのですが
携帯電話用のイヤホンがあるのですね
c0081530_124341.jpg

今の車を購入した時に純正のイヤホン付けたのですが
使いにくくてすぐに取ってしまい
車内での携帯電話使用には不便していたので
これ欲しいです

オーディオ関係で言えば
最近気になるのがmarantz(マランツ)
c0081530_1295291.jpg

自身もチェロの演奏を楽しみ レコード収集家でもあった ソウル・バーナード・マランツにより1953年に設立された マランツ・カンパニー
あくまで音質にこだわるオーディオメーカーです
上の写真のCDプレイヤー デザインがなかなか美しいではないですか
マランツは 本来デザインについては硬派路線だったように思いますが
このようなモダンデザインをつくり始めたのは最近のようです
音質もデザインも良いに越したことはありません
それほど邪魔にならないサイズなので
デスクの上に このデザインを置きたいですね

 
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-01-04 12:21 | PRODUCT

Sprautの革風呂敷~Real Design(えい出版社)より

最近“風呂敷”と言う言葉をたまに耳にするようになった
かつて使われていたものとしてではなく
今 見直されているプロダクトとしての“風呂敷”を である

とは言え さすがにスーツ姿で昔ながらの風呂敷を小脇に抱え
地下鉄に乗る姿を想像するに ちょっと抵抗がある

と思っていたら このようなモノが
c0081530_0281078.jpg

スプラウトと言うバッグメーカーがつくった
革製の風呂敷である

リ・デザインなる言葉が流行っているが
これぞまさしく日本伝統の風呂敷を機能そのままで
現代風にファッショナブルに洗練させた“リ・デザイン”である

サイズ900×900 値段は39,900円と
ちょっと高いが

これを持って打ち合わせに出かければ これはなかなかのインパクトですね
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-01-04 00:33 | 和~JAPANESE

DAKOTA/AnglerⅡ~Real Design(えい出版社)より

正月休みに
買ったまま放置していた雑誌を
まとめ読みしたのだが

「Real Design」は
「湘南スタイル」や「世田谷ライフ」など
なかなかツボを押さえた目の付けどころで
こだわり層向けの雑誌を数多くつくっている
えい出版社から創刊されたばかりの雑誌
c0081530_120232.jpg
デザインをテーマにした雑誌が最近非常に増えましたが
この出版社らしいこだわり派(マニアとも言える)向けのセレクトが
非常におもしろいです

いくつか ここでご紹介
c0081530_11351157.jpg

女性がキラキラしたアクセサリーに魅了されるのに対して
男は「モノ」… 特にメカ的なモノやアドベンチャーの匂いを感じさせるものに
DNA的に惹かれてしまいますよね
例えば サバイバルナイフ モデルガン ライター なんかをコレクションしてみたり
車やバイク オーディオに凝ってみたり
服装に無頓着な人でも時計だけは高価なものを付けていたりするのも
やはり男のDNAがそうさせるのでは無いでしょうか

上の写真DAKOTAと言う 
アメリカの会社がつくっている時計です

DAKOTAは 釣りやアウトドア仕様の時計をつくっている老舗メーカー
写真の「AnglerⅡ」と言う商品は
ストップウォッチ アラーム 方位磁石 ニッパー LEDライト ヤスリ 温度計など
多機能付き

釣りもしないアウトドア派でもない自分にとっては 多機能自体はどうでも良いのですが
一目見て 理屈無しで ただ単に「カッコ良い これ欲しい」ってだけの話

おそらくこのプロダクト
基本的には究極の機能美
カラーリングで遊びココロをプラス
男のDNAにストレートに作用するデザインですよね
c0081530_1157166.jpg

こんなカラーバリエーションもあります
カモフラージュ柄もまた男心には響く
(幼少の頃 TAMIYAのミリタニーシリーズに夢中だっただけに)



LIFE OKAMITO LIFE
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-01-03 11:58 | PRODUCT

A HAPPY NEW YEAR 2007

A HAPPY NEW YEAR 2007
今年はより密な投稿を心掛けたいと思いますので
よろしくお願い致します。
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-01-01 03:46 | OTHER