<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ロイター発マンション市場動向

10月首都圏マンション発売は‐28%、06年は8万戸割れも

[東京 15日 ロイター] 民間の不動産経済研究所が発表したマンション市場動向によると、
10月の首都圏マンション発売戸数は6307戸で前年比28.8%減となった。減少は3カ月連続。
同月の首都圏のマンション契約率は76.6%だった。契約率の80%割れも3カ月連続。
同研究所によると、06年の供給は8年ぶりに8万戸に達しない可能性があるという。
発売戸数は前年比マイナスが続いているのは、将来のマンション価格上昇を期待した
デベロッパーの供給先送りが続いていることが背景。
こうした「出し渋り」(同研究所)は今後も続きそうだという。発売戸数は、都区部で
前年比36.8%減、都下で33.5%減、神奈川で6.0%減、埼玉で40.0%減、
千葉で40.5%減と、すべての地域でマイナスとなった。
また契約率も80%割れが続いており、同研究所では「売れ行き鈍化の感じ」と指摘している。
今年1─10月までの供給戸数は5万7390戸にとどまった。11月の供給も7500戸程度にとどまりそうなことから、
同研究所では、06年の見通し8万戸達成は困難とみている。
06年の供給が8万戸を下回れば、98年(6万6308戸)以来、8年ぶりとなる。
10月のマンション販売在庫数は6777戸で前月比606戸増となった。一戸あたりの価格は
4347万円となり、前年比5.9%上昇した。
同時に発表された近畿圏の発売戸数は3108戸で、前年比24.3%減。契約率は69.6%で、今年1月(62.9%)以来の70%割れとなった。
(ロイター) - 11月15日15時12分更新

だそうです。
その業界にいるものとして
最近は確かに仕事の中で「機を待つ」を感じることが多いですね。
良い傾向だと受け止めて良いのでしょうか…
売れ行き自体は鈍化しているようですし、微妙ですね。
かつてはとにかくスピード勝負だった時代があったことを考えると
理由はともかく、ものづくりをする立場としては
考える時間を多くとれるようになれば
それはもちろん良いことです。
売れ行き鈍化と言いますが
姉歯事件の影響と、こだわり志向の高まりで
買い手側にもじっくりと慎重に選ぼうと言う意識が芽生えたと言うことではないでしょうか。

つくり手側もじっくりと良いものを考え
住み手側もじっくりと良いものを選ぶ。

と、とらえればまさに理想的な環境が整いつつある
のかな…?
現実は、それほど単純でもないですけどね。
by MITOO_OKAMOTO1 | 2006-11-15 23:19 | MARKETING

京都の建築・文化に触れる旅⑧~開化堂

日本の数ある伝統工芸品の中には
現代においても決して色褪せない魅力を持ったものがある。
時代を重ねてきたからこそ 本物であるからこその
存在感を持ったプロダクトに 新しいモノはかなわない。
京都の旅で開化堂の手づくり茶筒に出会った。
c0081530_2192100.jpg

明治8年の創業らしい。
普通の住宅の佇まいに開化堂の名の入った暖簾だけが…
ちょっと入りにくい雰囲気。
扉を開けて玄関に入り声を掛けると
気さくなおじさんが出てきて対応してくれます。
c0081530_21131454.jpg

上の説明書きにもありますが
つくりが精密なため、線を合わせて蓋を載せるだけで
自然に自重でゆっくりと閉まって行きます。
素材は銅、ブリキ、真鍮、銀
c0081530_2115297.jpg

ワタシはブリキと真鍮を購入。
この輝きが美しい。
c0081530_21163524.jpg

いずれも使う内に光沢と色が変化して行きます。
重ねた時間の分だけその表情を変えていくプロダクト
使い甲斐があるし、愛着の逸品になりますね。
by MITOO_OKAMOTO1 | 2006-11-12 21:26 | PRODUCT

京都の建築・文化に触れる旅⑦~KYOTO IN GREEN

京都言えば紅葉のイメージが強いですが
今回の旅は紅葉シーズンにはまだ早い。
まだまだ緑鮮やかな季節。
でも、緑の中の京都も良いものです。
c0081530_15351576.jpg

紅葉のシーズンには観光客がどっと訪れ
景色を見てるのか人を見ているのか分からない状態になることを考えれば
人もまばらな紅葉シーズン前にゆっくりと京都を味わう方が良いかも。
c0081530_15371168.jpg

c0081530_15373863.jpg

日本の建物で目を惹くのは「軒裏の美」
今回の旅でも上を向いて写真を撮ってばかりいた。
軒裏のディテールの美しさ、これは人の手によるもの。
そして自然の成せる鮮やかな「緑」とのコントラスト。
c0081530_1541784.jpg

ぜひ見てみたいのは冬の京都。
誰も足跡をつけていない真っ白な雪に包まれた
京の建物…きれいでしょうね。
by MITOO_OKAMOTO1 | 2006-11-12 15:46 | OTHER

「子供の頭が良くなるマンション」産経新聞の記事より

「子供の頭が良くなるマンション」販売 伊藤忠都市開発

 伊藤忠都市開発(東京都中央区)は、「子供の頭が良くなる家」を設計コンセプトとした子育てファミリー向けマンションの販売を始めた。

 有名私立中学に入学した子供の自宅の間取りや家庭環境などを調査し、勉強しやすい環境づくりを心がけたのが特徴で「評判は上々」(同社)という。

 マンションは、さいたま市に建設中の「イトーピア エフィールさいたま新都心」
そのうち14戸(3LDK、74平方メートル)を「子供の頭が良くなる家」として販売する。

 提携する慶應義塾大発のベンチャー企業「エコスコーポレーション」(神奈川県藤沢市)が、
首都圏の有名私立中学に入学した子供のいる約200世帯を対象に間取りや家庭環境などを調査。その結果、子供は子供部屋で勉強せず、リビングなど、家族とのコミュニケーションが
図れる場所で勉強をしている実態が明らかになったという。

 この結果を踏まえ、住戸の中心部に、キッチンを配置して母親が子供部屋やリビングを
見渡せるように間取りを工夫。さらに、オプションで、子供部屋の壁をガラス張りにしたり、
壁にホワイトボードをはり付け、親子で一緒に勉強したり、伝言を残したりできるプランも用意した。

 マンションは平成20年3月に完成する予定で、価格などは未定という。


だそうですよ、このブログを見ていただいている分譲マンション・設計業界の皆さん。
本当に間取りで子供の頭は良くならないでしょうが
マーケティング的視点で興味深いのは
有名私立中学に通う子供は子供部屋ではなく、リビングなどで勉強しているということ
ですね。
ただし、一般的家庭におけるデータと比較した上で多いと言っているのかは気になりますが…

最近は、凶悪犯罪の若年齢化、いじめ問題、自殺問題などなど
子供にまつわる社会問題が目立ちます。
少子化や親子のコミュニケーション不足、外で皆で遊べる環境の不足、ゲームの影響など
いろいろな原因が言われていますが…

子供の頭が良くなると言うより、家族のコミュニケーションを高め
より良い子育て環境が築けると言うことの方が
大切な気がします。
主旨は同じなんでしょうけど…
by MITOO_OKAMOTO1 | 2006-11-09 13:51 | MARKETING

京都の建築・文化に触れる旅⑥~ウェスティン都ホテル

今回の旅で宿泊したのはウェスティン都ホテルの
c0081530_22224357.jpg

数奇屋風別館「佳水園」
c0081530_22234285.jpg

本館共に村野藤吾の設計。
どこまで村野藤吾のディテールが残っているか分かりませんが…
c0081530_22285093.jpg

これは佳水園のラウンジ(?)
c0081530_22301143.jpg

期待していた庭は思いのほかこじんまりとしていました…
c0081530_2232381.jpg

この階段の手摺りのディテールなんかは美しいですね。
我々の泊まった部屋は、天井には雨漏りの後、畳はボロボロと言う感じで
正直、期待はずれだったのですが
どうやら佳水園はこちらの離れに泊まらなければダメなようですね。
c0081530_22353693.jpg

by MITOO_OKAMOTO1 | 2006-11-04 22:35 | ARCHITECTURE