カテゴリ:BOOK( 16 )

箭内道彦/サラリーマン合気道より

「前の髪型の方がよかったかもね」と面と向かって言われたら素直に受け止められたりするのに、

そう言っていたよ伝聞と言うかたちで伝わると、途端に悪口のように聞えてしまうものです。

(箭内道彦/サラリーマン合気道より)



つまり、実際に会って直接やりとりした方が仕事はうまくいくんだよと言う例えですね。

たしかにそうなんですよ。

言葉ってのは口にした人のもとを離れて勝手に一人歩きする。

間に人が入るほど、どんどん違う意思も加わって、

ぜんぜん違うニュアンスにねじ曲げられたりもする。

人間の機械と違うところは、相手に何かを伝える時、

表情、身振り手振り、声の調子、抑揚、しゃべるはやさ、語尾などによって、

単純に言葉が持つ意味以上のものを伝えられると言うこと。

ボクも自分が何気なく発した言葉が、別のところで凶暴な牙を剥いているということを

何度か経験したことがあります。

同じようなことは、電話か、メールかでも起こりますね。

仕事上の大事なコミュニケーションをメールで済ましている人、多いはずです。

…もちろんボクもその1人ではあります。

しかしながら、メールのコミュニケーションで失敗をしたことがある人も多いのでは。

怒ってるのか、そうでもないのか? すまないと思っているのか?

どれくらい切羽詰って急いでいるのか? ぜんぜんダメなのか、惜しいのか?

これをどれくらいどのように直せば良いのか?

よっぽど、文章上手な人でも、これらのことを相手に正確に伝えるのは簡単ではないはず。

受け取る側の理解力の問題もありますし。

特に出掛けに急いで送ったメールで、とんでもない誤解を与えてしまった経験も

何度かあります。

特に大切なことだけでも、直接会うか1本電話して、

表情や身振りや声の調子の変化をフル活用して相手に伝えるべきですね。



最近はつぶやいてもおります。 → ツイッター 
by MITOO_OKAMOTO1 | 2010-08-13 23:12 | BOOK

ヘミングウェイの流儀/今村楯夫・山口淳

Ernest Hemingway アーネスト・ヘミングウェイ



恥ずかしながらヘミングウェイの作品を、いっさい読んだことが無いのですが、

今回、違った形でへミグウェイの一側面に触れました。

c0081530_14584214.jpg


服や道具など、ヘミングウェイこだわりの愛用品を通して、

彼のライフスタイルを紹介した一冊。

1899年に生まれ、1961年に自ら命を絶ったヘミングウェイですが、

彼の愛用品を並べると、それぞれが長い時代を経てもいまだ現役のスタンダードであり続ける、

真の名品揃いであることが分かります。

かつ、いくつかのものはまさにここ数年、あらためて注目されているアイテム。

100年前に生まれたヘミングウェイの感性と、今の時代の感性がシンクロしている感じ。




ジャックパーセルのスニーカー
c0081530_15102264.jpg


今年は街中にあふれている
ボートネックのボーダーシャツ
c0081530_15114074.jpg


最近はビジネスマンやクリエイターが愛用する
モレスキンの手帳
c0081530_15125782.jpg


最近はあまり見ませんが、
20年前のアメカジブームの時は、けっこう履いてる人いました、
L.L Beanのガムシュー
c0081530_15142988.jpg


他にも
ブルックス・ブラザーズのスーツ
ルイ・ヴィトンのトランク
ロレックスの時計
パーカーの万年筆

意外にも、アバクロンビー&フィッチでもよく買物していたとか…
アバクロの歴史が、そんなに古いこと自体がちょっと驚きですね。
今の軽薄なアバクロとは、全然違うんでしょうけどね。



ヘミングウェイブーム到来の予感をヒシヒシと感じます。
こういう時は、雑誌PenとBRUTUSが、続けてヘミングウェイ特集しちゃったりするんですよね。

お仕事のOKAMITOはこちら → C and STYLE

賃貸お探しのあなたはこちら → 東京賃貸

一級建築士事務所 →  STYLEX 

デザイン・企画事務所 → C and STYLE 

ネットショップ →  THE STYLE DEPARTMENT  
by MITOO_OKAMOTO1 | 2010-06-05 15:20 | BOOK

こんな日本でよかったね 構造主義的日本論/内田 樹

3冊目の内田樹であります

「こんな日本でよかったね 構造主義的日本論」

c0081530_23585612.jpg


おそらく この手の本の中では 内田氏の文章は

分かりやすく 我々の知的レベルに下りてきてくれているようではありますが

それでも 恥ずかしながら 正直まだ難しいです

前回の「映画の構造分析」は かなりやさしい方で 8割くらいは理解できましたかな

前々回の「いきなりはじめる浄土真宗」は 実は6~7割くらいしか理解できてません

今回の「こんな日本でよかったね」に至っては 4割の理解できる部分を支えに

残り6割の理解できない文章を読んでいる感じで…



つまり 内田氏は 世の中の様々なモノゴトの 理由と原因を考えている人なのでしょう

どの本だったか忘れましたが 氏の文章で こんなことを言っていました(…と思います)

人間が何かの原因を考えるときと言うのは

その原因が はっきりしていないとき

石につまずいて転んだら 石につまづいたことが原因だと明確なのだから

何で転んだんだろう?なんて考えないですものね

原因が分からないときにしか 原因を考えないのだから

原因なんて言うものは はたして本当にそれが原因なのか 明確ではないと言うことになります



答えの無いのが人生で 答えを求め続けるのが人生で

答えは自分で決めるもので それが必ずしも正しいかは分からない

いや 正しいことなんか どこにもない

何やかんや…



BRUTUSでは 吉本隆明特集やってます

c0081530_0135621.jpg


どうやら 世は そっち系の静かなブームのようです



ちなみに 内田氏の本

試しに ちらと2回目読んでみると 1回目より 1.5倍くらいは分かってきます

んむ 再読するか






おっと

お部屋探しは 【東京賃貸】

c0081530_0173325.gif

by MITOO_OKAMOTO1 | 2010-02-14 00:13 | BOOK

映画の構造分析/内田 樹

2冊目の内田 樹です

「映画の構造分析 ハリウッド映画で学べる現代思想」

c0081530_1215862.jpg


誰でもが 見たことは無くても タイトルを聞いたことくらいはある有名な映画の

表層(=物語)で語られていることとは別に

そこに登場する 様々な要素 表現 出来事 に暗に象徴されている

深層に隠された もうひとつの意味を知ろう!

そのことにより 現代思想と言うものを学ぼう!

と言う本…なんだと思います


たとえば 最初にとりあげられる「エイリアン」

c0081530_12132512.jpg

↑左の人ですね

簡単に言いますと

エイリアンの頭部→男根

エイリアンの口元から滴る半透明の液体+攻撃性+自己複製を作ることに対する欲望
→男性の性的攻撃

アッシュ(この人はロボットでしたね たしか…)の額から流れる白い体液→精液

アッシュが男性誌を丸めてリプリーの口に突っ込む→レイプ

パーカーが金属の棒でアッシュを殴り飛ばし首がもげる→去勢

リプリーが探し続ける猫:女性器

自爆装置:勃起するペニス

つまり

それぞれ 前者が後者を象徴しており

「エイリアン」は 女性が男性の性的支配に対抗する

フェミニズム映画だ



と言う具合です

まあ 分からなくも無いですが

その 深層に表現されたもうひとつの意味の存在を断言的に語る文体ゆえに

疑問に思ってしまうのは

つまり

①映画のつくり手(監督や脚本家が)が そのメッセージを表現しようと思って意図的に
 作品の中に織り込んでいった記号なのか?

②意図的にやったことではないのだけど つくり手達が自身でも気づかない意識の下にある
 感覚が自然に表れてしまった結果なのか?

③はたまた これはあくまでこの本の筆者の独断による解釈であり
 つくり手側にとってみれば「エイリアン」と「フェミニズム」の間には何の関係もないのか?

どれなの?

と言うことなのです

まあ 読み進めた結果

基本的には ③スタンスで書いているけど でも①かもしれないし②も考えられる

ってことなんでしょうね

全ての事象を知るため その構造を分析して考える

これまさに ここで言う 現代思想(=構造主義)なのでしょう

(内田さん これを読んでいる賢い方 間違ってたらごめんなさい)

“日常よろず分析好き”のワタシとしては 嫌いじゃない思考形態です




…いずれにしても

この本を読んでから「エイリアン」を見ると

ポルノ映画に見えてしょうがないんじゃないかということ

【以下宣伝です】

部屋探しは 弊社プロデュース

web site 東京賃貸 で!

http://www.candstyle.com/tokyo/
 
by MITOO_OKAMOTO1 | 2010-01-30 12:02 | BOOK

いきなりはじめる浄土真宗/内田 樹・釈 徹宗

神戸女学院大学の教授・思想家の内田樹氏と 

兵庫大学の教授・宗教思想家・住職の釈徹宗氏が

web上で 順繰りに文章を投稿するカタチで

浄土真宗と それにまつわるもろもろについての談義を繰り広げた…

それを本にまとめたものです

c0081530_18195765.jpg


宗教…って言葉で聞くと 基本的には第一印象 拒絶なんですが(多くの日本人がそうであるように)

でも 宗教について考えることは よくあります

宗教では 大抵 人間を超越した存在である神様と言う方がいらっしゃって

その方が あーしなさい こーしなさいって 教えを説いている訳ですね

(…すいません 非常につたない知識で書いてますので 間違っていることあると思います
様々な宗教によっても その構造って ぜんぜん違うと思いますし)

宗教によっては 神が人類を創造したって言う考え方もあったりしますが

ワタクシが思うには いかなる宗教も 人間がつくりだしたんでしょ

むか~し むかし(猿が人間になりたての頃 言葉を使いはじめの頃 理性を持ち始めの頃)

ある人が(一人とは限らない 複数の人達かも…)

①人が正しく生きるために(他人と争ったり 憎んだり 殺したりしないように)

②つらいことがあったり 悩んだときの よりどころ もしくは逃げ場をつくるため

③人はどうやって生まれたの? とか 命って何? とか 考えても分かりっこないことに
 答えをつくっちゃって もう考えるのをやめるために

などなどのために創作した物語が 宗教… 

つまり道徳だったり 心の支えだったり フィクションの真理?だったり

ワタクシ的には 人の言うことに素直に従えないひねくれた性格の上

人間の生き方なんて 生きている人間の数だけ多様であれ!

と思っているので 特定の宗教の考えに沿って生きるなんてことはありえない

3大宗教(キリスト教 イスラム教 仏教)のように 古すぎて 詠み人知らずの宗教の

歴史や考え方を知ることは おもしろく思います

が いわゆる新興宗教(やカルト宗教) つまり作者が明らかな宗教は

前記の ①~③ 以外の 作者の意図が見えて来そうで できれば関わりたくない

…と言うのが ワタクシの宗教観です



だらだら と書いてますが 別にこれ本の内容とは それほど関係無いです 


 
ところで日本人は お正月には神社に初詣に行って

死んだら 南無阿弥陀仏と唱えて お寺のお墓に入り

クリスマスとなったら大騒ぎ

結婚式でも多くの人は 教会で賛美歌

なんて節操が無いんでしょうね

でも いざ聞いてみると 「えっ ワタシ?ワタシは無宗教ですよ」って答える人が多いはず

つまりは 初詣も クリスマスも 葬式も 結婚式も

日本人にとっては 花見や花火大会みたいな

イベントのひとつでしかないってことなのかもしれません

ちなみに 日本にある宗教法人の信者合計数は2億人をはるかに超えているそうです

日本の人口の倍近くと言うことですね

???

日本人は 諸外国の様に 宗教と言うものに対して真摯で無いがゆえ

知らない内に 複数の宗教に属していることになっていたり

途中で違う宗教に乗り換えたり ってことが起こり得るのでしょう



この本では 宗教ってのは 人がいかに生きるか ってことなので

生きている限りは 無宗教ってことは有り得ないんだよって ことを言ってたと思います


“宗教”って言葉は皆「え~~っ」だけど

どんなに いい加減なヤツでも 少しくらいは「オレは こう生きるぞ こう生きなきゃいかんのだ」

って考えたことありますでしょ

まぁ そういうことで 電車の中で暇な時は 人生について考えてみよう!
by MITOO_OKAMOTO1 | 2010-01-16 18:16 | BOOK

<映画の見方>がわかる本

映画に限らず

現代アート 音楽 文学 など

マニアを自負する人ほど

あえて難解なものを好み

自分なりの解釈を構築し

同じ意見の人と出会うと喜び

異なる意見には 徹底的に対抗する傾向があるような

そんな人達にとっては

もうタイトルからして 不愉快な

「<映画の見方>がわかる本」

「<映画の見方>がわかる本 ブレードランナーの未来世紀」

町山智浩 著

2冊 連読

c0081530_22525963.jpg
c0081530_22532097.jpg


「2001年宇宙の旅」「タクシードライバー」「時計じかけのオレンジ」と言った

作品に込められた つくり手の意図を解説してしまう本ですから

純真で真摯な映画ファンにしてみれば

「余計なことを…」なのかもしれませんが

ワタクシのような いいかげんで 無責任な映画好きには

結構楽しい本でした



様々な映画を語る時

あくまで著者の主観よりも

シナリオの草稿や企画書 関係者のインタビューや当時の雑誌記事などを

客観的事実や情報に重きが置かれているので

すんなりと受け入れられるのでしょう

「ロッキー」「E.T.」「未知との遭遇」など

定番過ぎて あえてもう見ることもないはずだった映画の見方が変わり

思わず もう一度 レンタルビデオ屋で借りたくなります

長年 信じ続けていたフェイバリットシネマの解釈を

あっさりと否定されちゃう可能性もありです



個人的に 興味深かったエピソードは

この本に登場する多くの映画が

何らかの形で1946年のアメリカ映画「素晴らしき哉 人生」
(監督:フランク・キャプラ 主演:ジェームズ・スチュワート)

の影響を受けていたり 共通点を持っていると言うこと

「素晴らしき哉…」は

アメリカに息づくスピリッツみたいなものを象徴する映画だってことなのかな
by MITOO_OKAMOTO1 | 2010-01-04 23:22 | BOOK

星新一 一00一話をつくった人/最相葉月

本を読んでいる途中で 別の本や雑誌が気になってしまうと

そっちを買って 読んでいた方をそのまま途中にしてしまう

悪い習性があるが

この本も 半分くらいまで読んで放置していたが

ふと思い出して 残りの半分を読み終えた

c0081530_9402417.jpg


ワタシの会社は 建築設計・デザインの仕事をしているのだが

その中で ワタシは“言葉”に依存した 仕事の仕方をしている

話す言葉 書く言葉

そして

伝える言葉 説得する言葉 表現する言葉…


小さい頃は 絵ばっかり描いている子供で

紙と鉛筆さえあれば 何時間でも大人しくしていた

それが序々に 文章を書くことも好きになってきたのは

小学生時代の後半くらいだろうか?

今思えば “星新一”との出会いの時期にリンクしていたのかもしれない

その頃からしばらく 星新一の作品を読みあさった


この本には 読者の年齢層が時代と共に若くなって行ったように書いてあるが

小学3~4年生で星新一は やはり早熟な方だったかもしれない


星新一の作品を読む時 他の作家のものとは違う独特の印象を受けた

リアリティを感じないと言うと悪い意味にとられるかもしれないが

自分の生きている世界とは まったく違う世界で起きていることのような

星新一と言う作家自体が まるで実在の人物ではないようにさえ感じた


ショートショートと言う =星新一と言って良いくらい

独自のジャンルであったことだけで無く

時代・国などの設定が具体的でなく 登場人物すら

エヌ氏やエフ氏などと呼ばれ 固有名詞が極力排除されていたからだろう

地域・社会環境・時代に関係なく 読み続けられる様にと言う

作家の意図があったようだ


(ワタシにとって)リアリティをともなわなかった星新一だが

この本では

一時 父親の後を継いで 当時大企業であった星製薬の社長を務めたこと

筒井康隆 小松左京 と並んでSF作家御三家と呼ばれていたこと

SF作家としての人気は絶大で 息も長かったが

一方文学的な評価は低く 高名な文学賞の受賞には縁が無く

それを気にやみ 受賞歴の多い 筒井康隆には嫉妬すら感じていたこと

当然のことだとは思うが 後年アイデアの枯渇に苦悩したこと

手塚治虫やタモリとも親交があり

飲み屋ではタモリと ふざけあっていたこと など

たしかに実在していた人間・星新一の姿が赤裸々に語られている


ひさしぶりに 星新一の作品を読みたくなった

当時から30年 

自分も歳をとり 時代も圧倒的に進化した

あの頃とは また違うことを感じるかもしれない






 
by MITOO_OKAMOTO1 | 2009-12-20 09:55 | BOOK

終の住処/磯崎憲一郎

c0081530_929988.jpg

少し遅めの結婚をして

娘が生まれ

夫は娘をいとおしいと思い

浮気をして

仕事をして

成長した娘は家を出て…

どこにでもあるような ごくリアルな人生を

まったくリアルじゃない文体で語り

でも 伝わってくる感情は とてもリアル…



やはり 書評などで抜粋されているのは

「妻はそれきり11年、口を利かなかった─。」と言うくだり…

おそらく読んだ人のココロに最もひっかかる部分



幸せと不幸せは 同じものが 違って見えているだけ

空虚と充足は 表裏一体

そんな解釈をしました



第141回芥川賞受賞作品です
by MITOO_OKAMOTO1 | 2009-11-14 09:56 | BOOK

利休にたずねよ

c0081530_0393514.gif


第140回直木賞受賞作品のようです

そんな情報もなく

ただタイトルに「利休」とあったのが目に付き 手に取った本です

c0081530_945924.jpg


19歳の時 高麗より連れて来られた女に恋をしてから

秀吉のさしがねで 切腹に追い込まれ 死を迎えるまでの

利休の半生を 時間をさかのぼりながら 

それぞれの時代ごとに様々な人の視点から描いた物語です



全体の話としては 正直 それほどの感動は無かったのですが

各時代ごとのエピソードひとつひとつを読む時

まさに文章を五感で感じる

これは筆者の文章表現の巧みさなのか

そもそも 利休の美へのこだわりが やはり素晴らしい故なのか

茶碗や茶器の色形 茶室の様子 

茶を飲む前の膳や 茶と一緒に食す菓子の味

香 白檀の香り

風の音 風に揺れる木々の音 雷鳴 蝉の声 様々な自然の営みの音 

茶碗を掌で包んだときの感覚

それらが 実にリアルに伝わってきます


利休に関するエピソードが どこまで本当の話かは分かりませんが

茶の湯を通して プロダクト 建築 食 アート 人との出会い もてなし…

様々なものに対する美意識をつかさどった彼は

現代のプロデューサー もしくはアートディレクターの先駆け と言えます 

美しいものとはどのように決められるのか?と問われ

自分が美しいと言ったものだと 答えた利休

この作品を読んで あらためて興味が深まりました
by MITOO_OKAMOTO1 | 2009-07-21 01:15 | BOOK

私デザイン/石岡瑛子 and more

本屋に立ち寄ると
うろうろしながら
興味を持った本を数冊まとめ買いしてしまう
まだ その時読んでいる本があるのにも関わらず…

1冊の本読み終えてから次に行けば良いものを
あっちの本を少し読んでは こっちの本少し読む
みたいなこともしてしまうので
いつまでも完読できていない本があったりする

約1年前に本ブログでネタにした 石岡瑛子さんの
「私デザイン」と言う本を 後数ページのところで放置していたのだが
やっと読み終えた
c0081530_16215348.jpg


グラフィックデザイナー アートディレクターである彼女は
日本ではそれほどメジャーではありませんが
国際的には錚々たるメンツのオファーを受け仕事をしています
彼女のいくつかの仕事について
いかにしてオファーが来たか
偉大な依頼者達との最初の出会い
ファーストプレゼンテーションの時の反応
クリエイティブがどのように進められたか
そしてどのような結果が待っていたのか
などについて書かれているのがこの本

個人的な好みもありますが
特に関心を持って読んだのは
マイルス・デイヴィス
フランシス・フォード・コッポラ
ビョーク
と仕事をした時のこと

いずれも才能あふれるクリエイターたちですが
気難しさ こだわり 個性 においても超一流の人達

石岡瑛子さんの感性が 非凡であるがために
彼女の提案したものがすんなりと受け入れられないケースも少なくないようですが
逆にマイルス、コッポラ、ビョークの場合は
相手がツワモノなだけに
結果として彼女の提案が比較的すんなりと受け入れられたのかな

ところで
今 途中まで読んでいる もしくは手もつけずにたまってしまっている本たち
c0081530_1654129.jpg

アースダイバー/中沢 新一

c0081530_16543354.jpg

富裕層の財布/三浦 展

c0081530_16551724.jpg

普通のデザイン/内田 繁

c0081530_16555725.jpg

星 新一1001話をつくった人/最相 葉月


いやー夏休みも終わってしまったし
頑張って読まなければ…
by MITOO_OKAMOTO1 | 2007-08-19 16:49 | BOOK